2017年05月18日

SAI GLOCK

どうも!Mr. " S "です!
なんと、今日までで観覧者数が800人を超えましたっ!

いやぁ〜、嬉しい限りですね。
だからなんだって話なんですがw

さて、今回はタイトルにもありますようにSAIなGLOCKさんについてちと書いてみようと思います。

まず、SAIのGLOCKにはカスタムコースとして次の三つがあります



Tier 1
皆さんがSAIと聞いて最初に思い浮かべるであろうもので、スライドトップ、両サイドに計3つの軽量化、放熱用ホールが開いています。



Tier 2
簡単に言えばTier1からホールを取り除いたモデルです。
軽量化用のリリーフカット(スライドの肉抜き)が伸び、フロントセレーションが4〜6本に伸びているのがスタンダードです



Tier 3
比較的大人しめのカスタムで、大体はフロントセレーションが入っているだけです

全てのコースに共通する点として




フレームワーク
グリップのリダクション、トリガーガード下部のハイグリップ、サポートハンドカット加工、ダストカバー先端部のトリム、マグキャッチ周辺のコメットカット、これらを機械加工にて施工後、フリーハンドで仕上げ、ステップリング加工されます。
トリガーガード下のカットの加減、フィンガーチャンネルの有無、マグウェルの追加などはカスタマーが細かく指定できるそうです。



トリガーワーク
大抵の場合、SAI製のカスタムトリガーに交換されます。
このカスタムトリガー、ストレートとカーブドから選択できるようです。
たまにストックトリガーのままを希望するカスタマーもいるみたいですが。
それでも、トリガープルや引きしろなど細かくオーダーできるそうです。
因みに、このSAIのトリガーワーク、引いた感じは1911に似ているそうですよ



スライドワーク
全てのコースに共通する点として、コーナーカット、刻印、フロントセレーション、バックプレートのステップリングが挙げられます。
スライドのほぼ全てのコーナーを45度にカットすることでホルスターからのドロウやコンシールドキャリーを快適にする効果があるそうです。
刻印は大抵の場合スライド右側に「 S SALIENT」左側に「SALIENT ARMS INTERNATIONAL」と彫られます。
以前はホワイトレーザーでしたが現行は直堀刻印になってます。
フロントセレーションは基本が4本、最近では5〜6本が多い気がします。
バックプレートのステップリングは正直どんな効果があるのやら?!むしろ知っている方がいたら教えていただければありがたいのですが。。。
最後に、DLCコートが施された後、側面のみヘアライン加工されます。
ただ、カモフラージュコートやセラコートなど、これもカスタマーの好き好きにオーダーできます。



バレルワーク
ストックのバレルをマッチフィットしたり、社外製のバレルを加工、フィッティングします。
最近ではSAIも自社でマッチグレードバレルを製造してるので、これがよく目につきますね

更に、殆どのカスタムワークで固定されているのが
ステンレスフレームピン、ステンレスリコイルスプリングガイド、グリッププラグです
ステンレス製でシルバーに輝くフレームピンはSAIカスタムの特徴の一つでもありますよね
先端が六角になっているステンレスリコイルスプリングガイドも外せないカスタムパーツの一つです。実銃だとこのガイドロッドの重さで多少なりリコイルを緩やかにしているそうです。
グリッププラグはぱっと見付けているのが分からないほどのパーツですが、マグチェンジの際の使い勝手が向上する優秀なパーツです!(高いけど。。。)

この他に、スライドコーナーまでセレーションを加工する ラップアラウンドセレーション、スライドにRMRを直付けする RMRカット、セレーションの本数、スライドホールのサイズ、ステップリングの範囲、刻印の位置など結構細かく指定出来ます。

SAIはGLOCK用に、上述のトリガー、マグウェルの他、サイト、マグベースも作っていて、これらは単品販売もされています。

今やカスタムGLOCKのみならず、M&PやAR-15、ベネリなど多数のカスタムを手がけるSAIの名を一躍有名にしたSAI GLOCK、これからも程々に進化して欲しいですねw
  


Posted by Mr. " S "  at 07:38Comments(0)SALIENT ARMS INTERNATIONAL

2017年05月17日

最悪のタイミング(汗)

どうも、Mr. " S "です!
昨日あんな記事を投稿した次の日、こんな事実が判明するとは。。。


EMG!
なぜこのタイミングなんだ。。。

しかも、マグウェルもあり、御丁寧にSAIのマグベースまで装備してるし。。。
さらに、フレーム左側の「SALIENT ARMS INTERNATIONAL BLU9」の刻印も再現されてるし、既存のフレームと違ってフレームピンも3本あるし。。。
トリガーガード下のカットやダストカバー先端のトリム、ビーバーテイル部のカットもしっかり再現してやがる
スライドストップもバッチリLoneWolfタイプだし。。。
これでトリガーも完璧だったら。。。

BLUを作った苦労が。。。。。

ともあれ発売されたら買いますねw  


Posted by Mr. " S "  at 21:25Comments(0)SALIENT ARMS INTERNATIONAL

2017年05月16日

SALIENT BLU !

どうも!Mr. " S " です

開設して早々放ったらかしで先が思いやられますがw
さておき、皆さんBLUってご存知ですか?

SAI BLU




アメリカはラスベガスのカスタムガン、パーツメーカー、日本でも大人気の
SALIENT ARMS INTERNATIONALが既存のグロックカスタムではなく、オリジナルデザインのコンプリートとして制作したハンドガンです。
真鍮製のバックストラップとマグキャッチが特徴の一つで、CNC削り出しのアッパーとLoneWolfのロアをはじめ多くのカスタムパーツがフィッティングされたスペシャルなハンドガン。
それだけにお値段なんと$2,295!

この金額あればそこいらへんの安いARとか買えちゃうんじゃ。。。

そんなBLU、Mr. " S "も最初はあんま気にしてなかった(フレーム持ってなくて組めないから無視するようにしてたw)んですがだんだん欲しくなってきてw
そこにきてスライドが発売されたりなんかしたら、ね、もう無理ですw
なんとかフレームを探し当て、加工開始
一応、工作機械も扱えないこともないので(汗)削ったり、盛ったり、半田ごてでジュッとやったりで完成させました



目立つバックストラップとマグキャッチは気合の真鍮削り出し!ではなくw
純正のものをああしてこうしてそれっぽく整形
スライドもガンブルーっぽい色味に
ただ、現行の製品版とは違いフィンガーチャンネルは残し、マグウェルは無し、ステップリングの範囲も若干違いますが、まあ自分だけの的な感じでw
一番面倒だったのがバレルです(汗)ノンスレッドが良かったのですがモデルアップされておらず(泣)フリーハンドでボックスフルート加工(汗)&刻印
他にも色々とやってありますw
お財布的にも労力的にも中々なものに仕上がったかとw

しかしこのLoneWolfのフレーム、単体で発売されませんかねぇ〜
絶対買うのにw  


Posted by Mr. " S "  at 19:43Comments(0)SALIENT ARMS INTERNATIONAL

2017年05月07日

初めまして!

前から読者専門でしたが、遂に!ミリブロ開設です!
内容は期待しないでくださいw

とりあえずテスト用の投稿を


こんな感じの銃大好きなんで同じ趣味の方とワイワイやれたら嬉しいですw

よろしくお願いします!  


Posted by Mr. " S "  at 21:37Comments(0)