スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年07月17日

KJベース SAI G19 Tier 1

どうもっ!Mr. " S " ですっ。
さて、今日ももちろんSAIw

今日のお題はG19 Tier 1




SAI Tier 1やAgency Urbanなんかの穴あきスライドは賛否両論ですよね(汗)
スライドにホールがあるのは、やはり精神衛生上よろしくないもので...........
砂や埃などの異物が混入して機能に異常をきたしたり、スライドが作動に耐えられずに破断してしまったり
色々とトラブルの要因となり得ることは否定できません。

ただ、リコイルコントロールの側面において軽量化されたスライドはブローバックがスピーディーなぶん、ダブルタップがキレイにきまるそうで、RMRなどと併用するとかなり正確な射撃ができるとか。

じゃあMr. " S "がどう考えるか?と言いますと
そもそも持ち歩くキャリーガンだと想定して、故障したらただ邪魔になるだけのRMR他マイクロドットはまずありえないし、スライドのホールもなるべくなら避けたいところ。

ですが、この国ではハンドガンといっても命に関わることはないので、カッコ良けりゃぁいいんですw
Mr. " S " はエアガンはエアガン、実銃は実銃って人なので
「ooな銃なのにooはおかしい」
とか
「ooな迷彩にooな銃は合わないよ?」
的なリアル派な方々と違って
「ooな迷彩にoo?好きにやりゃあいいじゃないwどうせ遊びなんだしw」
って感じでw楽しんでますw

では早速!
今回の銃のモデルはこちら


この方のアップされている画像を見る限り、もともとスレッドバレルだったのが寿命でこの画像のゴールドBoxフルートマッチバレルになり、現在はさらに撃ち込んで同タイプのブラックバレルに変えてらっしゃいます。
このバレルチェンジのスパンが結構早くて、それだけでかなり撃ち込んでらっしゃるであろうことがわかりますよねw
余談ですが、この方腕はかなりいいです(何故か上からw)むしろ教わりたい

さて、ではMr. " S "がKJベースで再現して見たのがコチラ


スライドはKJ純正のABSスライドを加工してもらってます。
バレルはこれまたKJ純正をフリーハンドで加工&刻印(汗)クオリティにはツッコマないでください(汗)
スライドは元々はセラコート一色だったのを自分でサイドポリッシュしてマットと光沢のツートンにしてみました


実銃のヒートブルーっぽい色味が出てくれたので満足です
フレームはいつものように強化フレームを削って溶かしてはい完成!です

我ながら使いやすいし握りやすいし撃ちやすいしで気に入ってますw
写真の方が好んで使ってらっしゃるのがわかった気がします

あと、前に作っといた色々をつけたりして遊んだのがこちら


こいつは余っていたKJ純正フレームをマグウェル用に加工してます
これはこれで使いやすいですw

さて、そんなわけでG19 Tier 1がお気に入りになっているMr. " S "でした

最後までご観覧ありがとう御座いました!  


Posted by Mr. " S "  at 23:36Comments(0)SALIENT ARMS INTERNATIONAL

2017年07月16日

EMG SAI 1911

どうもっ!Mr. " S " です!
さてさて、今回もいつも通り。。。。。

SAIです



昨日の記事で触れましたが、EMGのSAI 1911、中々頑張ってはいるんですが、ちょっと気になるポイントがいくつか


本来シリアルナンバーがあるべき場所なのですが(汗)
試作モデルの画像ではしっかり刻印されていただけに残念です

お次は

トリガーガード付け根のハイグリップカットがされていない(汗)
ここはグリップフィールにも関わるので結構大事、なによりSAIな銃にはハイグリップカットがなきゃ!(言い過ぎ)
というのでゴリゴリ削って、ブルーイング処理

そんで、やめときゃいいのにシリアルナンバーも手彫り(汗)してブルーイング


しかし、刻印のクオリティは置いといてwブルーイングした箇所が妙に浮いちゃってるんで、塗装で仕上げるかいっそ全体をブルーイングで仕上げるか思案中です。

あとは、スライド側
フロントサイトのファイバーがレッドじゃなかったり、リコイルスプリングガイドロッドがブラックじゃなかったり、バレルの刻印がレーザー刻印じゃなかったりとまあ、ありますが(汗)
こんなん気になるの自分だけなんでしょうか(汗)




しかし、Caspianタイプのこのフレーム、グリップパネルの下の二つのホールが再現されてたのには感心しました。
グリップを外さないと見えない、ましてやなんの機能も果たさない加工の手間が増えるだけなこの部分をわざわざ再現するとは

それだけに他の粗が目立つんですねぇ(汗)
まあ、まだ自分でなんとかできる範囲ですがw

因みに、この1911、基本的にはマルイのハイキャパと互換性ある(細かいパーツは無理)なんでパーツ取りにも使えるかと
スライドもフレームも現状市販されている中ではダントツで形状がリアルなので
撃った感じも悪くなかったですね。
マグベースを加工するか外せばマルイのハイキャパマグも挿さりますんで動きはいいと思います。

ところで、SAIなガバといえばこっちも欲しかったりw


これはこれで面倒ですが(汗)


というわけでEMG SAI 1911についてのアレコレでした。

最後までご観覧頂きありがとうございました!  


Posted by Mr. " S "  at 11:48Comments(1)SALIENT ARMS INTERNATIONAL

2017年07月15日

マルイ SAI RED化プロジェクト!3

どうもっ!Mr. " S " ですっ!
さてさて、暑いですねw
北海道の方でも三十度を軽く超えているようで笑っちゃいます

今回は、マルイナイトウォーリア SAI RED化プロジェクト3回目!
だいぶん近づいてきましたよ!

では今一度実銃画像をば(くどい)



では、前回からの進展を


どうですか!だいぶんそれっぽいでしょう?
まあ、これはまだ仮組み状態の時の写真なんですが

ここに至るまでに紆余曲折あったんです(泣)

ではそんな一部始終をご紹介しましょう!(誰得)

まずは特徴的なマグファンネルが目立つフレーム

Ken's Propsがやってくれてますw
3Dプリンター製ということで多少粗いですが、まあ、ね(汗)

あと、素材的に塗装すると若干溶けました(汗)
このフレーム、ABS製のが欲しいですね

で、前回のパーツとフレームを同色に塗装後組込
ほぼ問題なく組込み完了です。

で、スライドはどうしたの?かというと

こいつを購入!

が、しかし欲しかったのは5インチのスライド
で、CNCが使える知人に無茶振りw
「ナイトウォーリアのスライドをこのスライドの長い感じで加工して」

で、少しして届いたのが上にのっかってる5インチスライドというわけ
流石CNC!EMGのスライドと比べても遜色ありません!(上のセレーションが若干歪んでるけど気にしない気にしない)
ただ、豪雨のせいで塗装がうまくいかなかったらしく、写真のとうりに(汗)
までも、いずれ塗り直します
因みにサイトは単品で手に入らなかったのでEMGのを強引にひっつけてますw
しかもホール加工されているスライドストップまで再現してあるんで、これも剥ぎ取ってますw

しかし、これで上下プラのSAI REDができたわけですね

ん?上下プラ?

ということはスライドのスペーサーを外せば?

こういうこともw


できるわけですねw

そして、余った4インチメタルスライドをどうするかといえば


実銃にもドンピシャなモデルがあったりするんですねぇ
こういうこともできるわけですよ

他にも



こういうのとかもいいですよねぇ〜



というわけでこんなのもこさえてみました
フレームの加工は見てはいけません(汗)あくまで”風”ですから(汗)
しかし、スライドスワップの度にサイト載せ替えるのも面倒なんですよねぇ(汗)サイト複製してもう一組作ろうかなぁ

そんなこんなでひとまずの完成を見たSAI RED Single Stack
そのうちグリップもなんとかしたいところですねぇ〜

最後までご観覧ありがとう御座いました!  


Posted by Mr. " S "  at 20:19Comments(0)SALIENT ARMS INTERNATIONAL

2017年07月13日

SAI GRY

どうもっ!お久しぶりなMr. " S " ですっ!
放置すること早1ヶ月以上(汗)今後はバンバン更新していきますよっ!(多分)

さて、今回のお題はタイトルにもあるとうりSAI GRYです!

これだけでなんの銃かわかる方は同族ですねw
では、実銃の画像をば


はい、たぶん一度は見たことがあるでしょう、これです

日本だと、「Jailbreak」の名前のほうがわかりやすいですかね?
こっちの名前が浸透してますが、これはハンドガード先端のマズルデバイスの名前なんですね

ここんとこの

で、話を戻しますが、SALIENT ARMS INTERNATIONALでは、2015年のショットショーから製品に色の名前が付けられています
グロックベースのフルカスタムピストル BLU (ブルー)
AR-15ベースのカスタムライフル    GRY (グレイ)
ウッドストックショットガン      GLD (ゴールド)
1911/2011ベースカスタムピストル RED (レッド)
オリジナルナイフ           BLK (ブラック)
と、こんな感じで徐々にラインナップが増えてきています。

そんな中のBLUと肩を並べる最古参のメンバーが今回ご紹介するGRYなわけです。


これはごく初期の試作段階のものです。
前シリーズの「SAI AR-15 Tier 1」のレシーバー構成にハンドガードを変えただけのもので、これなら再現もさほど苦ではありませんね
構成は
CMC ストレートトリガー
BAD アンビセレクター
Seekins マグキャッチボタン
Seekins ボルトキャッチ
MAGPUL MOE グリップ(ステップリング加工)
MAGPUL ACS ストック (GRYセラコート)
SALIENT

     ボルトキャリア
    ビレット削り出しレシーバー
    カスタムバレル
    アンビチャージングハンドル
    オリジナルGRYハンドガード
    ジェイルブレイクマズルデバイス
というもの

そして若干進化した2015年のショットショーでお披露目されたのが

このモデル
変わったのは
MAGPUL MOE SLストック
ガイズリー ストレートトリガー
ですね。 因みに意外と知られていませんが、GRYハンドガードは前期型と後期型がありまして、前期型はマズルデバイス側にロックピンが内蔵で、後期型はハンドガード側に内蔵なんです。G&Gがライセンス生産してるのはこの後期型ですね。

さて、そこからまたちょっと変わって、ごくごく最近までの最新構成がコチラ

AXTS TALON アンビセレクター
MAGPUL MOE SL-K ストック
にそれぞれ変わり、現在の最新構成がこちら







おそらくは提携関係を結んだArsenal FirearmsのAR系と揃えたかったのかグリップとストックがBCMのものに変わっています
グリップは恐らくMod3でしょう。

因みに最近ちらほら見かけるのが

このCOLT系の形状のレシーバーをベースに組まれているもの。
今後はこの形状がスタンダードになっていくのかな?

さて、ここまで長々と書いてきたわけですが、SAI大好きなMr. " S "ですから当然こちらも再現したいわけですね。
ただ、この現行最新構成、おそらく完全再現は厳しいです(市販されているパーツでは)
まあ完全さにこだわりすぎといえばそうですが、やっぱ大好きな銃はなるべくリアルに仕上げたいじゃないですかぁw

で、色変えたり、無理やりセレクターくっつけたり、ストック輸入したりボルトキャッチ接着したりしてましたところ、なんと!Battleaxeがやってくれました!
実物買おうと思っていたBCM GunFighterストックのレプリカがこのタイミングで!
これはもう買うしかないでしょうwと





で、写真のとうり今まで一個前の構成をベースにしてたわたくしのGRYが



このようにほぼ現行最新構成に!

このGRY、STD電動ベースですが、AXTSセレクター右側はダミーながら複製加工して取り付け、Seekinsボルトキャッチもダミーながら複製加工して取り付け、ハンドガードとレシーバーを色調の違うタングステングレイにて塗装、マズルデバイスはブラック調に塗装、チャーハンやフォアードアシストも変えてだいぶ実銃に寄ってたところにBCMタイプストック&グリップでほぼ完璧です!

あとはトリガー!

OCTさんのストレートトリガー、次世代用だもんなぁ〜
加工して取り付けるかなぁ〜

というわけで、My GRYにだいぶ満足してるMr. " S "でした。
最後までご観覧いただきありがとうございました!  


Posted by Mr. " S "  at 19:42Comments(0)SALIENT ARMS INTERNATIONAL

2017年06月12日

マルイ SAI RED化プロジェクト!2

どうもっ!Mr. " S "です!
数日ぶりの更新です(汗)が、プロジェクトは着々と進行中ですw

さて、今一度完成形をご覧に入れましょう!


はい、なんともモダンな1911ですねw
この再現難易度鬼畜野郎モデルを目指してマルイ ナイトウォーリアをベースに組んでいますがさしあたっての問題がグリップ

スライドやバレル、サイトは単体で入手する方法もありますが、このグリップ部分は作るかNOVAのコンバージョンを買ってそこからいただくかしかありません(泣)
そこで!Mr. " S "が出した結論がコチラっ!進展状況と合わせてお見せしましょう!

はいwG10グリップです!w

SAIの中の人や実際にREDを購入したユーザーにも使用例があるのでまぁセーフですw

さて、前回からの進展ですが
Wilsonタイプアンビセーフティー
エドブラウンタイプグリップセーフティー
STIタイプスクエアホールハンマー
ナイトホークタイプスライドストップ
にそれぞれ交換、調整済みです

スライドストップはそのうちホール加工せねば(汗)

更に

コーンバレルとリコイルスプリングガイドロッドも組み込み!
バレルはチャンバー部分を削って「 S A I 」刻印を入れる予定です。

残るはスライド、サイト、フレームのみ!

さて、だんだんと完成に近づいてきました!
来月中には完成か?!という感じです

では!ご観覧ありがとうございました!  


Posted by Mr. " S "  at 23:45Comments(0)SALIENT ARMS INTERNATIONAL

2017年06月03日

マルイ SAI RED化プロジェクト!

どうもっ!Mr. " S " です
さて、今日も今日とてSAI

今回のお題はSAI RED シングルスタックです。



REDとは、BLUやGRYのような「色の名前シリーズ」の一つで、カスタム1911のことを指します。
ようはSAIカスタム1911です。
これには、シングルスタックの1911とダブルスタックの2011モデルがあり、先日BLUの設計図を公開したEMGがモデルアップしたのはまだREDと呼ばれる前のダブルスタック、一つ古いモデルです。



さて、では最新のREDシングルスタックを見ていきましょう



まず目につくのは大量のカスタムパーツですね(汗)
スライド、フレームは勿論のこと
エドブラウン グリップセーフティ
ウィルソン アンビセーフティ
スクエアホールハンマー
STI トリガー
オリジナルスライドストップ
などなど、エアソフトで再現しようとしても中々にお金のかかる構成にしてやがります(汗)

他にも
リコイルスプリングガイドロッド
チェッカーマグキャッチ(超ピッチ細かい)
HEXグリップスクリュー
アルミカスタムグリップ
SAI アイアンサイト
など、やはりふんだんに高いカスタムパーツで固めてやがります(汗)

しかし、欲しいわけですね(汗)

そこで!今回はタイトルにもあるとうり、マルイ ナイトウォーリアをベースにRED化して行きたいと思います!

といっても、パーツが揃っていないので徐々に徐々にという感じになりますが(汗)
いつになるかはわかりませんが完成させると断言します!

というわけで、現在の進展状況


はい
トリガーだけです(汗)

まあ、ね
だんだん近づいてきますから、気長に気長に(汗)

では、ご観覧ありがとうございました!
  


Posted by Mr. " S "  at 16:22Comments(0)SALIENT ARMS INTERNATIONAL

2017年06月02日

KJ WORKS KP-13 ちょいカスタム

どうもっ!Mr. " S " ですっ!
さて、あと何日皆勤が持つか?w

今回は最近発売されたKJのKP-13を紹介してみようと思います。

デザインは、最近のグロックカスタムのツボを押さえたいい感じの外観に仕上がっていると言えるのではないでしょうか?
フレームも予想以上に握りやすく好感が持てます( ̄▽ ̄)



なんかこうしてみるとCZに近いですよね?w
マグキャッチもそれっぽくて押しやすいです。

肝心の内部はほぼマルイ G17互換と思っていいでしょう
細部は異なりますが許容範囲内です。

特にハンマー周りがマルイのものよりシッカリしており、カスタムトリガーを組んだとはいえ「カチッ」と小気味良いきれ味です( ̄▽ ̄)

さて、Mr. " S "が箱出しで満足するわけもなくw
購入初日にフレームをブラックに塗装
スライドストップ、スライドキャッチ、シリアルナンバータグ、トリガー(ワンオフ加工品)、強化ノズルなどのカスタムパーツの組み込み、調整を行いましたっ!

作動も良好で非常にいい感じに仕上がってくれました!

しかし、ブラックモデルが出たらショック(汗)
  


Posted by Mr. " S "  at 21:51Comments(0)

2017年06月01日

BERETTA 92F オリジナルカスタム

どうもっ!Mr. " S " です!
今んとこなんとか連日続いてます(汗)

さて、今回のお題はベレッタ 92

92といえばもう知らない人はいないってぐらい有名ですよね?
イタリアのベレッタが生み出した名銃と言えるでしょう!

しかし、92ってベレッタのファクトリーカスタム以外あんまりカスタムされたのを見かけませんよね?
少し前にNOVAがウィルソンのカスタムを元にしたコンバージョンを出したので多少知名度は上がったようですが、Mr. " S "の知る限り92のカスタムはこのウィルソン以外に数丁しか見たことがありません。
それも、フルハウスではなく、部分部分をちょこっといじったような感じのものばかりで。。。。。

ところで、エアソフトで92といえば、KSCやWA、マルイにマルシンと結構あるわけですが、個人的にはマルイのNewシリーズが結構気に入ってます。
各所に仕込まれたウェイトによってABSながら実銃重量に近づき、素材自体はABSなので割れやすいといったこともなく、内部も安心のマルイクオリティー
前シリーズで残念だったセーフティ機構も一応再現されてますし、何より各所の動きがブラッシュアップされて撃っていて楽しいと感じます。

ですが、以前からストックの92はあんまりパッとしない感じがしてまして。。。
思い切って弄っちゃいましたw

フレームはダストカバー部、トリガーガードをウィルソン"風"に(汗)
ハイグリップ加工後、塗装してアンチスリップテープを各所に張り付け

グリップは実銃用のG10グリップを使用

バレルはなるべくスライドとツライチになるようにカット
マズルは現行ウィルソンっぽくテーパー処理してみました(雑)

どうでしょう?
だいぶモダナイズドできた気がしないでもありません(汗)

因みに、フレーム、スライド共にあまり満足いっていないので近いうち作り直す予定です
その際にはまた投稿できたらと思ってますので、お楽しみに!

では、ご観覧ありがとうございました!
  


Posted by Mr. " S "  at 21:17Comments(2)

2017年05月31日

GLOCK 17 Tier 3 ?

どうもっ!Mr. " S "ですっ!
今回もSAIなネタで行きます!w

こいつですw




モデルはSAI G17 Tier 3




Tier 3といえば、フロントラップアラウンドセレーションにRMRカットが施されたRedBackOneのが有名ですが、本来は比較的地味なカスタム

ただ、何処と無くプロっぽい感じがするので個人的には結構好きだったり

今回のこれは以下のものを参考にカスタム


単純にカスタムパーツが少なくて楽だろうなぁと思いましたが、そんなわけはなく(汗)

まずスライドは、コーナーカットやエジェクションポートの角落とし、刻印まで全てフリーハンド加工です(汗)
フロントセレーションはとりあえず無しの方向で(汗)

腕が足らず線もガタガタ(汗)
まあ、当面はこれで良しとします(もう一回やれって言われてもヤダ(汗))

ただ、サイドのヘアライン加工はそこそこの出来かと(自分では)思っていたり。。。

フレームは何時ものようにやったので然程難しくはなかったですが、内部も結構イジってまして。。。

スライドハウジングにリコイルスプリングガイド、シリアルプレートやスライドロック、スライドストップ等そこそこのパーツを強化パーツに置き換え、調整

結果、ストックグロックに近いSAI Tier 3が完成しました!





因みに見辛いですがトリガーにも刻印入ってます。
RedBackOneのTier 1がストックトリガーにレーザー刻印だったので、深堀で真似て見ましたw
トリガー周りもイジったので「カチッ」と小気味いい感じにきれてくれます( ̄▽ ̄)

皆さんは、Tier 3 お好きです?  


Posted by Mr. " S "  at 22:53Comments(0)SALIENT ARMS INTERNATIONAL

2017年05月30日

本日2回目!

どうも!Mr. " S "です!
ほったらかしてたかと思うと同じ日に二度目の投稿w
両極端なわたくしですw

さて、今回のお題はAgency Arms
Agencyといえば2015年に設立されたばかりの新進気鋭なカスタムファクトリーですよね?

そのカスタムはグロックに始まり、M&P、1911、FN509、AR-15などなど、SAIに負けないラインナップです!
SAIとはまた違った魅力のあるAgencyですが、何と言っても実用主義が目を引きますよね!
スライドのセレーションはリアまで切り直されていて、素晴らしい引き心地ですし、セレーションそのものもSAI BLUと似ていて多少痛いくらいに手に食いつきます。これならたとえ手がガンオイルまみれだろうとも滑ることはないでしょう。
さらに、ほぼ全てのスライドに標準でマイクロドット用のベースが設けられているのもいいですよね。
デザインのいいアクセントになっている気がします。それにロゴがデザインの一部として盛り込まれているあたりセンスありますねw
フレームも実用的なカットで、再現した自分のフレームの構えやすさには驚きましたw
流石は特許取得なだけあってアクセレレーターカットの使い心地も抜群です!

さて、本題はこいつ
GLOCK 17 Agency Urban Combat




これは、RWAとGunsModifyのコンバージョンを組み込んだもので、フレームや一部加工は自前でやってます。

では、自己流のフレームワークをご紹介します

今回は余っているマルイ純正フレームがベースです。(失敗を恐れての練習台とは言えない)






まずはリダクションです。
トイガンのグロックフレームは当然ですが実銃とはラインやサイズが異なり、それにより実銃より握りづらくなってしまっているので、フレームラインを修正しつつ、邪魔な部分を取っ払います。
これには、リューター、手ヤスリ、サンドペーパー、グラインダーなんかを使います。
この時点でかなり派手に削り落としてますw

次にステップリングのラインだしと、各部調整です。
削りすぎていないか?削り足りない部位はないか?など一応ですがチェックします。
ステップリングのラインも実物資料を眺めながらなるべく正確にトレースします。


さていよいよステップリングです。
ステップリングはラインだしの1回目と仕上げの2回目を行います。
加工屋の知人曰く、この方が滑りにくくテクスチャも長持ちするそうです。
それに若干ですが一回だけに比べ綺麗に仕上がる気もします。
1回目のライン出しは結構雑ですが、仕上げはまたやるのでキニシナイキニシナイw


一旦サンドブラストにかけて、全体をなめしたあとステップリング2回目開始!
そして、軽くブラッシングして塗装すれば、完成です!


マルイ純正よりはるかに握りやすく、かっこよくなりました!

ちなみに、めちゃ綺麗なステップリングってツールの跡がわかんないですよね?
円形ツールなのか四角形ツールなのか、大きさや切れ目も。
いつかはそういう綺麗なステップリングができるようになりたいです!(先はかなり長いですが)

では!ご観覧ありがとうございました!
  


Posted by Mr. " S "  at 03:22Comments(0)