2017年07月17日

KJベース SAI G19 Tier 1

どうもっ!Mr. " S " ですっ。
さて、今日ももちろんSAIw

今日のお題はG19 Tier 1




SAI Tier 1やAgency Urbanなんかの穴あきスライドは賛否両論ですよね(汗)
スライドにホールがあるのは、やはり精神衛生上よろしくないもので...........
砂や埃などの異物が混入して機能に異常をきたしたり、スライドが作動に耐えられずに破断してしまったり
色々とトラブルの要因となり得ることは否定できません。

ただ、リコイルコントロールの側面において軽量化されたスライドはブローバックがスピーディーなぶん、ダブルタップがキレイにきまるそうで、RMRなどと併用するとかなり正確な射撃ができるとか。

じゃあMr. " S "がどう考えるか?と言いますと
そもそも持ち歩くキャリーガンだと想定して、故障したらただ邪魔になるだけのRMR他マイクロドットはまずありえないし、スライドのホールもなるべくなら避けたいところ。

ですが、この国ではハンドガンといっても命に関わることはないので、カッコ良けりゃぁいいんですw
Mr. " S " はエアガンはエアガン、実銃は実銃って人なので
「ooな銃なのにooはおかしい」
とか
「ooな迷彩にooな銃は合わないよ?」
的なリアル派な方々と違って
「ooな迷彩にoo?好きにやりゃあいいじゃないwどうせ遊びなんだしw」
って感じでw楽しんでますw

では早速!
今回の銃のモデルはこちら


この方のアップされている画像を見る限り、もともとスレッドバレルだったのが寿命でこの画像のゴールドBoxフルートマッチバレルになり、現在はさらに撃ち込んで同タイプのブラックバレルに変えてらっしゃいます。
このバレルチェンジのスパンが結構早くて、それだけでかなり撃ち込んでらっしゃるであろうことがわかりますよねw
余談ですが、この方腕はかなりいいです(何故か上からw)むしろ教わりたい

さて、ではMr. " S "がKJベースで再現して見たのがコチラ


スライドはKJ純正のABSスライドを加工してもらってます。
バレルはこれまたKJ純正をフリーハンドで加工&刻印(汗)クオリティにはツッコマないでください(汗)
スライドは元々はセラコート一色だったのを自分でサイドポリッシュしてマットと光沢のツートンにしてみました


実銃のヒートブルーっぽい色味が出てくれたので満足です
フレームはいつものように強化フレームを削って溶かしてはい完成!です

我ながら使いやすいし握りやすいし撃ちやすいしで気に入ってますw
写真の方が好んで使ってらっしゃるのがわかった気がします

あと、前に作っといた色々をつけたりして遊んだのがこちら


こいつは余っていたKJ純正フレームをマグウェル用に加工してます
これはこれで使いやすいですw

さて、そんなわけでG19 Tier 1がお気に入りになっているMr. " S "でした

最後までご観覧ありがとう御座いました!





同じカテゴリー(SALIENT ARMS INTERNATIONAL)の記事画像
EMG SAI BLU リメイク編!
EMG SAI BLU レビュー編(本番w)
EMG SAI BLU レビュー編(の導入)
EMG SAI 1911
マルイ SAI RED化プロジェクト!3
SAI GRY
同じカテゴリー(SALIENT ARMS INTERNATIONAL)の記事
 EMG SAI BLU リメイク編! (2018-04-08 06:45)
 EMG SAI BLU レビュー編(本番w) (2018-04-07 04:54)
 EMG SAI BLU レビュー編(の導入) (2018-04-06 06:20)
 EMG SAI 1911 (2017-07-16 11:48)
 マルイ SAI RED化プロジェクト!3 (2017-07-15 20:19)
 SAI GRY (2017-07-13 19:42)

Posted by Mr. " S "  at 23:36 │Comments(0)SALIENT ARMS INTERNATIONAL

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。